気軽に住める賃貸物件

気軽に住める賃貸物件

賃貸契約費用の敷金と礼金は関東と関西では違う

賃貸物件を借りる際には、色々な費用がかかってきます。このかかる費用というのは、地域によって違ってくるものなのです。関東と関西では、賃貸物件を借りる際の費用、とりわけ敷金や礼金に違いがみられるので、それらを紹介したいと思います。

まずは関東ではありますが、関東での敷金や礼金については、敷金に関してはだいたい家賃の2ヵ月分を徴収することが多いです。ですが、これはあくまで目安なので、物件によっては3カ月分だったり、1ヵ月分だったりするので、敷金は1ヵ月分から3カ月分くらいの間だという認識をしておけば良いかと思います。礼金に関しては、こちらはだいたい1ヵ月から2ヵ月分くらいが相場であります。

一方、関西においては、関西では敷金とは言わずに保証金と呼ぶことが多いです。名称が変わっても敷金と同じ考え方をします。こちらはだいたい家賃の4カ月から物件によっては家賃の7カ月くらい徴収することが多いです。礼金に関しては、こちらも関西では礼金とは言わずに敷引と呼ぶことが多いです。ですが、こちらも礼金のような考え方であります。だいたい家賃の2カ月から物件によっては4カ月徴収することが多いです。


Copyright(c) 2017 気軽に住める賃貸物件 All Rights Reserved.