気軽に住める賃貸物件

気軽に住める賃貸物件

賃貸契約において重要な事柄は記載を

賃貸の契約においては、言うまでもないことですが、契約書と重要事項説明の内容が大変重要になってきます。後々何かトラブルになった時は、どちらの言い分が正しいか、契約書の内容から判断します。つまり契約書にない口約束などはほとんど意味がありません。ましてや管理もしていない仲介業者の一担当者が述べただけの内容は、契約書に記載がなければ、家主のあずかり知らない話となりますので注意が必要です。重要な約束事は、言った言わないの水掛け論にならないよう、必ず契約書に記載してもらうようにしましょう。

私は以前猫を飼っていまして、猫が飼える賃貸マンションを探したことがあります。物件探しの段階から仲介業者にはその旨伝えていて、ようやく見つかったマンションの契約書を見ると、各世帯、小型犬1匹まで飼育可、となっていました。仲介業者の担当者に聞くと、猫もOKと言うのですが、記載がないと安心できません。そこで契約書を書き直していただくように要請すると、家主さんが猫は不可と言っているので契約を白紙に戻した経験があります。そのままサインをして住んでいたらどうなっていたかと思うとゾッとします。

注目情報



Copyright(c) 2017 気軽に住める賃貸物件 All Rights Reserved.